ページトップへ

完工事例

  • テイスト別
  • すべて

切妻屋根とレンガサイディングの3階建てフレンチハウス

大阪市鶴見区 K様邸

物件データ

LOCATION 大阪市鶴見区
TYPE Robyn3階建て
SCALE 114.33㎡(1F:43.4㎡ 2F:38.3㎡ 3F:32.13㎡)
DATE 2016年11月
  • 建築中レポート

1.2016年06月27日
ご契約いただきました!
ご契約いただきました!
「検討している土地があるんですが」とKさまからお問い合わせを頂いたのは、今年の2月のことでした。当時、南西の角地にある建築条件付きの土地をご検討されていたKさま。お子さまの学校区が変わらない範囲内での建築を希望されていたKさまにとって理想的な条件の土地ではあるものの、指定された建築会社で建てるとなると、ほぼ建売住宅のような仕様のお家になることに。「このままで本当に納得して建てられるのかな?」金額やプランの比較のためにも、家づくりの相談ができる建築会社をネットで探しておられたところ、Ideal Homeのホームページにたどり着いたそうです。

その後ショールームにお越し頂き、スタッフ中山に家づくりのご状況を話してくださったKさま。このまま今の建築条件付きの土地で家づくりを進めるか、土地を探し直して注文住宅で希望を叶えるか・・・悩んだ結果、建築条件をはずしてもらえるか不動産屋さんに相談してみることに!そして交渉の末、なんとか条件を外しての土地購入が叶い、この土地で親子5人で暮らす3階建て住宅の建築を進められることになりました。

空間を無駄なく有効活用して家づくりをしたい、と望まれている奥さまにとっての会社選びのポイントは、「悩んだ時に適切なアドバイスがもらえるか」だったそう。そんな奥さまの思いに寄り添う中山と設計士の山本さんと作り上げたプランは、1階にキッチン&ダイニング、2階にみんなが集うリビング、とLDKをセパレートした3LDKプラン。晩秋になるころには、きれいなレンガ調サイディングのフレンチテイストのお家がKさまの土地に登場します♪Kさまと一緒にお家の完成を楽しみにしながら、これから家づくりを進めて参ります!
2.2016年07月04日
地鎮祭を行いました!
地鎮祭を行いました!
青い空と照りつける太陽の下、Kさま邸の地鎮祭を行ないました。土地探しも(建築条件を外す交渉もされました!)設計打合せも、何ごとにも真剣に向き合うKさまご夫婦。地鎮祭には親御さんも参列され、みんなで工事の安全を祈り、ようやくこの日を迎えたことを喜びました。地鎮祭が終わるといよいよ工事が始まります。Kさま、おめでとうございます!これからもよろしくお願いいたします!
3.2016年07月29日
家の基礎は地盤から
家の基礎は地盤から
地盤調査を行った結果、Kさま邸は地盤改良工事が必要になりました。改良が必要かどうか?土地を買う前にわかれば良いのですが、一般的に地盤調査は建物の大きさと配置が決まってから行います。土地を購入される時には地盤改良の要否がわからないため、あらかじめ資金計画で地盤改良工事の費用を見込んでおきます。軟弱な地盤の上に建っていれば、どんなに頑強な建物でも傾いてしまいます。まさに地盤は住宅の基礎の基礎。事前に予算取りをしていたので費用の心配もありません。明日から基礎工事のための掘り方がスタート。安心して長く住むマイホームづくりが、また一歩前に進みました。
4.2016年07月30日
19坪の土地でユンボを操る
19坪の土地でユンボを操る
地盤改良工事が終わって基礎工事が始まりました。写真は掘り方や根伐り(ねぎり)と呼ばれる作業で、レーザーでレベルを確かめながら基礎のカタチに地面を掘り下げて整えます。19坪の土地でお隣の建物の基礎が境界ギリギリまで迫る現場で、ユンボが慎重に操られていました。本格的に工事が始まり、切妻屋根とレンガサイディングの3階建てフレンチハウスの完成が一段と楽しみです!
5.2016年08月05日
配筋検査が完了しました
配筋検査が完了しました
35℃はあろうかと思える真夏日、鶴見区のTさま邸では配筋検査が行われました。基礎工事中の状態を見て、「こんなに小さくて大丈夫!?」と不安になられる方もおられますが、完成に近づくほど広く感じるようになるから不思議です。Kさまのこだわりと夢の結晶の実現をお手伝いできたことに感謝いたします。工事は始まったばかり。これからもよろしくお願いいたします!
6.2016年08月20日
お隣との間は何センチ?建て方工事スタート-市内編-
お隣との間は何センチ?建て方工事スタート-市内編-
鶴見区のKさま邸は建て方工事が始まりました。お隣との間に足場を組むスペースがない場合、現場で防水シートや外壁の仕上げをした壁を内部から立て起こします。利便性の高い場所は、土地の面積やお隣との距離に合った工事方法の選択が必要です。面(パネル)で組み立て家を支える2✕4工法は、Kさま邸のようなお隣が近くにある3階建てに合う工法です。1階の上に2階を、2階の上に3階をサイコロを積み上げる工事の様子は、またこちらからレポートさせていただきます!今日は事務所でKさまとお打合せ。お家のカタチももうすぐ出来上がり、奥さまの真剣さも一段と増していることでしょうね。お打合せを楽しみにお待ちしています!
7.2016年08月25日
ダイニングとリビングはセパレート
ダイニングとリビングはセパレート
順調に建て方工事が進んでいるKさま邸。現在2階部分を工事中です。
写真奥の扇風機が立てられている場所はバルコニー。その手前には約6畳のリビング、さらに手前にはリビングとつながるように6畳の和室が計画されています。
ダイニング&キッチンを1階の南側、リビングを2階の南側とセパレートして配置することで、家族みんながあつまるLDK全てに明るい光が入る設計になっています。
8.2016年08月30日
建て方工事が完了しました!
建て方工事が完了しました!
3階建てのお家の棟が上がり、無事に建て方工事を完了しました。
棟部分にうっすら見える隙間は「棟換気」という空気の通り道。この通り道があることで屋根裏の熱気や湿気が外部に逃がされ、屋根裏のカビの発生や結露を防いでくれます。
9.2016年09月05日
上棟式を行いました!
上棟式を行いました!
鶴見区のKさま邸の現場は無事に棟上げが終わりました。今年の春、建築条件付きの土地を見つけられて私たちに相談を頂いたのが最初の出会いでした。その後、イメージどおりのお家が建てたいという強い思いで、条件を外して土地の購入をされたKさま。納得行くまでお打合せを重ね、ご一緒この日を迎えられたことをうれしく思います。Kさま、おめでとうございます!これからもよろしくお願いいたします!
10.2016年09月27日
大工さんの手仕事
大工さんの手仕事
現場では大工さんの作業が進行中です。ひとつひとつ心を込めて丁寧に。お客さまの夢をカタチにするのは、このベテランの手仕事なのです。
11.2016年10月15日
青い空の下で
青い空の下で
外壁工事中の足場から青い空が見えていました。明日はいよいよ足場とシートが外れる日。完成に向けて工事は進みます。初めてショールームでお会いしてからここまで来ました。Kさま、完成をお楽しみに♪
12.2016年10月24日
仕上げを待つアールのニッチ
仕上げを待つアールのニッチ
アールのニッチも仕上げを待ちます。ここには何を飾るのでしょうね?
13.2016年10月24日
石膏ボードが張られました。
石膏ボードが張られました。
いよいよ内装の仕上げも大詰め。クロスが貼られると雰囲気がガラッとかわりお部屋らしくなります。
14.2016年11月02日
クロス工事の様子
クロス工事の様子
今日の現場はクロス工事の真っただ中。スタッフ森田が現場に行くと、クロス屋さんがクロスを貼っているところでした。Kさまとコーディネーターのセンスが光る仕上げになりそうです♪
15.2016年11月04日
木製の輸入ドア
木製の輸入ドア
玄関には輸入の木製ドアを選びました。木の温もりや重厚感、年数を経るごとに深まる味わいは工業製品とは異なります。準防火地域でも延焼ラインをかわすことができれば木製ドアをご使用頂くことはできます。一日のはじまりは玄関から。気持ちよくスタートできそうですね!
16.2016年11月04日
モザイクタイルの洗面化粧台
モザイクタイルの洗面化粧台
洗面化粧台にモザイクタイルを貼りました。大工さんの造作家具は、毎日使う場所に楽しみを演出してくれます。
17.2016年11月15日
大阪市 サイディング レンガ調
竣工しました!
工事用の足場もはずれ、Kさま邸の外観が姿を現しました!
外壁仕上げには優しい色合いのレンガ調サイディングを選ばれた奥さま。十字グリル(格子)の入った洋風窓とマッチして、素敵な外観になりました♪
18.2016年11月28日
鶴見区 Kさま邸 レンガ調サイディング
洋風サッシのお手入れは?
フレンチスタイルKさま邸、お引渡しの日がやってきました!
まずはKさまご夫婦と一緒にお家の各部の取り扱い方法を確認していきます。インテリアにも外観にも輸入住宅の雰囲気をかもし出す洋風サッシ。昔ながらの引違サッシと少し使い勝手が異なりますが、もちろん取り外してしっかりお掃除できる商品です。また大掃除などのときに森田のレクチャーを思い出しながらやってみてくださいね!
19.2016年11月28日
鶴見区 Kさま邸 お引渡し
電気屋さんからもごあいさつ!
お引渡し当日照明の取付にきてくださった電気屋さんの石倉さんにも、お引渡しに立ち会ってもらいました。Kさまとは上棟式の電気打合せ以来の再会。「実はご主人と名前が一緒で・・・」と親近感を感じていたそう(^^)笑 ほっこり和むあいさつ、石倉さんありがとうございました♪
20.2016年11月28日
鶴見区 Kさま邸 レンガ調サイディング
これからずっと先も楽しめるお家に♪
今年2月に初めてお会いしてから約10ヶ月。「せっかく建てるのだから満足のいくお家を建てたい!」というKさまの新しい暮らしへの思いがこもった大切なお家をお引渡しさせて頂きました。
叶えたいイメージはあるけれど、ご自身だけで決めていくのはとっても不安。悩んだ時に的確なアドバイスをくれる相談相手が欲しい、と奥さまは考えられていたそうです。Kさま邸の家づくりのパートナーとして資金計画・プランからコーディネートまで担当させて頂いたスタッフ中山。ブログにKさまとの家づくりの思いをつづっておりますので、ぜひご覧ください♪

お子さまたちがもう少し大きくなられたときにかわいいドアを一緒に選びたい、と子供部屋のドアは将来的に取り付けることにされたKさま。これから少しずつご家族皆さまでお家の変化を楽しみながら暮らしていかれるんだなぁと、想像しながらワクワクしてしまいます(^^)
いつでも駆けつけられる距離ですので(笑)ご相談がありましたらまたいつでもご連絡くださいね!
21.2016年12月01日
家事ラク動線を考えたユーティリティ
ユーティリティ―
共働きのKさま。雨が降りそうな時は室内に干していきたい!!というママの要望から3階のバルコニー横にユーティリティを配置。乾いた洗濯物は奥に設置したカウンターでアイロンかけて畳んで、子供たちのお部屋やに収納。1階のキッチンにたどり着くまでに各所に収納しながらおりていけます。これもまた一つ、ママを助ける家事ラク動線の工夫ですね。
22.2016年12月02日
キッチン&ダイニング
キッチン&ダイニング
リビング・ダイニング・キッチンを一つの空間に配置させて頂く事が多いのですが、Kさま邸は一工夫。平日の休みもあるパパがゆっくりと過ごせるよう、リビングを切り離すことでプライベートとパブリックスペースをうまく分けられました。パパが休みの日でもダイニングキッチンスペースでは、お友達を誘ってお茶をしたり、子供たちとパーティを楽しむことが出来ますね♪
23.2017年12月09日
優しい色合いのタイルカウンター
優しい色合いのタイルカウンター
優しい色合いのタイルカウンター(^^)/タイルをミックスする割合はとっても慎重に選ばれ仕上がるまでドキドキでしたが、Kさまらいしい雰囲気のある造作洗面化粧台に。朝の身支度にも力が入りますね。