ページトップへ

完工事例

  • テイスト別
  • すべて

無垢フローリングと造作家具でつくる3階建てフレンチカフェの家

高槻市 T様邸

物件データ

LOCATION 高槻市
TYPE Elite&Robyn 3階建て
SCALE 112.59㎡(1F:37.53㎡ 2F:37.53㎡ 3F:37.53㎡)
  • 建築中レポート

1.2016年07月16日
ご契約いただきました!
ご契約いただきました!
Tさまとの出会いは今から約2年前。ホームページからご連絡をくださり、2014年6月に箕面市で開催されたAさま邸の見学会に奥さまとお母様でお越しくださいました。当初からTさまご夫婦とお母様、これから生まれるお子さまで住まれるための家づくりを計画しておられ、自然素材の温もりあるお家をご希望されていました。その後双子のお子様をご出産され、初めての育児に取り組まれながらも、コンスタントにスタッフとのやりとりも続けてくださっていたTさま。
そして再びお会いしたのが、育児も少し落ち着いてこられた昨年の11月。まずは資金計画をしっかり立てて一緒に土地探しを進めていくことにされました。

他府県ご出身のTさまご夫婦。「私たちにとってどこが住みやすいだろう?」と、川西・能勢方面などご主人様の通勤に負担のないエリア内で幅広く探していかれました。そうして、やっと出会われたのが高槻市内にある敷地面積約19坪の南向きの土地。この土地に、2階に家族が集うLDKを置いた3階建て4LDKの二世帯住宅のTさま邸を建築します。
2階のリビングドアを開けると広がるのは、奥さまがお好きなフレンチカフェテイストの19畳のLDK。ダイニングテーブルやリビングの円卓、アール型のコーナー収納など、大工さんの造作と自然素材の温もりいっぱいの空間に。
いつもスタッフに「ニコッ!」と笑顔を見せてくれるRくんとRちゃん(^^)ご主人様のご希望は、そんなかわいい二人のお子様たちとゆったり入れる大き目サイズのお風呂♪
ご家族5人がのびのび暮らしていかれるマイホーム、これから二人三脚の建築が本格的にスタートします。
Tさま、これからもよろしくお願い致します☆
2.2016年07月20日
地縄確認を行いました!
地縄確認を行いました!
古家付の敷地だったTさま邸。解体工事が終ると同時に地縄確認を行いました!どのくらいの大きさの建物になるのか、周囲のお家の状況もよくわかるので、隣家と窓の位置等も確認を行い調整を行いました。
3.2016年07月28日
おめでとうございます!高槻市Tさま邸の地鎮祭
おめでとうございます!高槻市Tさま邸の地鎮祭
高槻にてTさま邸の地鎮祭が行われました。前日の雨が上がり、夏の太陽とセミの声に祝福されるようなこの日。会う度に成長するお子さまたちはご機嫌&興味深げにテント内を歩きまわり、それを大らかに見守るご家族もうれしそうでした。穿初め(うがちぞめ)の儀をご主人さまが。その後は皆さまで玉串を奉奠(ほうてん)したり、四方をお清めされたり、最後は盛砂で砂場遊びまで!まだ着工はしていないけれど、ご家族の家づくりはもう始まっている。そんな記憶の一ページに残る地鎮祭でした。これから成長されるお子さまが裸足で歩きまわる無垢の床のお家。完成の日を楽しみにしています。Tさま、この度はおめでとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
4.2016年08月02日
大切なご家族を守る地盤改良工事
大切なご家族を守る地盤改良工事
高槻市でTさま邸の工事が始まりました。基礎工事に着手する前に、まずは地盤改良工事から。基礎工事の基礎とも言える工事が行われました。写真のように三方をお隣の家に囲まれた敷地で、慎重に作業が進められていきます。古い家が建っていた土地が新しく生まれ変わるTさまのお家。地盤改良が終わるといよいよ基礎工事がスタート。Tさま、ふたりのRちゃんたち、楽しみにしていてくださいね♪
5.2016年08月05日
基礎工事が始まりました!
基礎工事が始まりました!
地盤改良工事が終わり、現場では基礎工事が始まりました。敷地内ではユンボが器用に動き回っていました。高槻市のTさま邸の土地の面積は約19坪。鶴見区で工事が進むKさま邸の土地の面積もたまたま約19坪。どちらも敷地を有効に活かし、新しい暮らしに向けてこれから本格的に工事が進みます。今月の終わり頃には建て方工事に取りかかり、9月のはじめにはお家のカタチができる予定です。
6.2016年08月09日
配筋検査を受けました。
配筋検査を受けました。
基礎の骨組みになる配筋工事が完了し、瑕疵担保保険「まもりすまい保険」を適用させるための配筋検査を受けました。この後、この配筋のまわりに型枠をつくり、コンクリートを流し入れたら基礎の完成です。
7.2016年08月23日
基礎工事が完了しました!
基礎工事が完了しました!
高槻のTさま邸では基礎工事が完了しました。型枠を外すと一階の部屋のカタチが姿を現し、あの暑い日の地鎮祭で神社さんから頂いた鎮物が、基礎の真ん中でご家族の健康と幸せを守ってくれます。土地探しで宝塚の坂道や川西の大きなカーブを登った日から、ご主人さまの真っ直ぐな気持ちと奥さまの情熱でここまでこれたことを、とてもうれしく思います。日増しに成長するお子さまたちとお母さまにお会いする打合せを楽しみにしています!暑い日が続きますが気をつけてお越しくださいね。
8.2016年09月01日
2×4工法 ツーバイフォー工法 狭小
2階の壁を組んでいます
ただいま木工事中のT様邸。1階部分の床・壁の工事が終わり、2階部分まで工事が進んでいます。

ツーバイフォー工法は在来工法に比べると3階建て住宅や狭小住宅に強いと言われますが、その理由は構造体のつくり方にあります。

在来工法で3階建て住宅をつくるためには建物の高さ分の長い構造材が必要になり、建物が密接している大阪市内などでは材料の搬入が難しい場合があります。
ツーバイフォー工法では、写真のように階ごとに壁を組んで建てていくので、在来工法のように長い材料は必要なく搬入も難しくありません。

この後、完成した壁の枠に合板を貼り、大工さん数人で「よいしょ!」と壁を立ち上げていきます^^
9.2016年09月06日
妻部分が登場しました!
妻部分が登場しました!
ここのところスッキリとしないお天気が続いていますが、ブルーシートで雨養生をしながら建て方工事を進めています。ついにTさま邸の建て方工事も小屋裏部分まできました!屋根の三角部分「妻」が立ち上げられ、このあと屋根が完成すると建て方工事完了となります。
10.2016年09月12日
大きい手と小さな手
大きい手と小さな手
現場の四方をパパとお清め。記憶の片隅に残りますように。
11.2016年09月12日
ふたりの名前
ふたりの名前
奥さまにも御幣に名前を記していただきました。
12.2016年09月12日
心を込めて-Tさま邸の上棟式-
心を込めて-Tさま邸の上棟式-
夏と秋が混ざり合うような9月の空の下、高槻Tさま邸の上棟式を執り行いました。この日初めて現場に入られ、こだわりのお風呂やお母さまの部屋、2階LDKを見てうれしそうなご主人さま。夢が現実になるのを楽しみに待つ奥さま。よろこんで走り回るふたりのお子さまを見守るおばあちゃん。みんなで心を込めて四方をお清めしたあと、御幣の前に集まりました。家づくりへの思いや工事の安全を気づかうお言葉をいただき、感謝の気持ちを私たちからも一人ずつ。最初にお越しになられた見学会から、ご出産と育児のお時間を経てこの日を一緒に迎えることが出来ましたこと、とても大変うれしく思います。Tさま、おめでとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。
13.2016年09月16日
木工事が進行中です!
木工事が進行中です!
敷地面積は約19坪、3階建てのOさま邸。開放感のあるLDKもご夫婦のこだわりのひとつです。2×4工法は天井(床)も面全体で家を支えます。まるでTさまご家族みたいですね!
14.2016年09月29日
リビングとダイニングに架かるアーチ
リビングとダイニングに架かるアーチ
リビングとダイニングの間の梁をアーチにしました。この微妙なラインは、最終的にはしっくいを塗って仕上げます。しっくいとアーチの組合せには、何とも言えない味わいがあります。ご家族みんなで過ごす場所に楽しみのスパイスをふりかける少しの工夫。梁のカタチひとつでウキウキします♪
15.2016年10月10日
ちいさな吹抜け
ちいさな吹抜け
着々と内部工事が進んでいるTさま邸。階段まわりも形ができてきています。この小さな吹抜けは、設計打合せの段階で階段の掛け方を試行錯誤した結果できたもの。Tさま家の双子ちゃんたちがもう少し大きくなったら、この吹き抜けの上と下で二人で楽しく遊んでくれるかも?と想像を巡らしてしまいました(^^)
16.2016年10月10日
漆喰下地のラス貼り
漆喰下地のラス貼り
漆喰の下地のラス(モルタルを付着させるために用いる針金を組んだ網状のもの)を貼りました。モルタルの厚みがしっかり出るひし形のワイヤーを採用しています。漆喰は時間が経つほど固くなる性質がありますが、より安心して頂くための工夫です。
17.2016年10月21日
漆喰下地のモルタル塗り
漆喰下地のモルタル塗り
しっかりモルタルが付着するよう張ったラス網に、漆喰下地のモルタルが塗られました。下地の処理と乾燥を待ち、漆喰の本塗りが行われます。家づくりも漆喰も下地が大切。そう教えてくれているようですね。
18.2016年10月28日
完成を目指して
完成を目指して
高槻のTさま邸ではドアの枠が取付けられました。堺の現場ではMさまから「たむさん」と呼ばれていた真面目で優しい大工の田村さん。今日も一生懸命作業しているところにお邪魔しました。「たむさん」の木工事が終わると12月の完成はもうすぐです。完成を目指して明日はTさんとお打合せ。外構は…、カーテンは…と、奥さまのこだわりポイントはまだまだ尽きることはありません。明日も打合せをお楽しみくださいね。
19.2016年10月29日
お打合せも終盤戦!
お打合せも終盤戦!
12月の完成とお引渡しに向け、お打合せも終盤戦です。扉のツマミは?ペーパーホルダーは?などなど…、小さくても、毎日目にする暮らしのアクセント(コーディネーター上野山の腕の見せどころでもあります)。ひとつずつ、じっくりとお選びいただきました。計画当初からの短い時間の中で、お子さまも日に日に成長されましたね。ご家族皆さまで過ごすLDKやお気に入りの造作家具たち。新しいお家はもうすぐ完成です。
20.2016年11月23日
小さな手と手
小さな手と手
漆喰の手形は、家づくりを心に残る体験にしていただくためのひとつです。幼いお子さまも、手形を見たりパパやママから話を聞いたりして、この日を追体験する日が来ることと思います。今日が未来のご家族にとって特別な日になりますように。
21.2016年11月23日
どこにあるのでしょうか?
どこにあるのでしょうか?
高槻のTさま邸では、完成を目指して工事が進みます。今日は外構のお打合せのあと、お子さまの手形をしっくいにペタリ。さて、どこにあるのでしょうか?見学会で探してみてくださいね。
22.2016年11月29日
建具の取り付け工事
建具の取り付け工事
仕上げ工事も大詰めを迎えた現場では建具工事の真っ最中でした。黙々と作業をする職人さんにカメラを向けると可愛い(?)笑顔が!いつも同じ職人さんだから細かいニュアンスも任せて安心。場所によって色を変えた扉たち。お気に入りのガラスを入れるオリジナルの造作ドアもあります。気になる方はイベント情報をチェックしてみてくださいね♪
23.2016年12月01日
床の塗装工事
床の塗装工事
午前中に豊中のYさま邸の地鎮祭をお納めした後、高槻のTさま邸の現場へ。2つの造作テーブル(丸いローテーブルとダイニングテーブル)は塗装の仕上げが、3階では床の塗装が始まっていました。造作家具や無垢の床にこだわったTさま邸。見学会をお楽しみに♪
24.2016年12月09日
完成現場見学会の準備
完成現場見学会の準備
週末はいよいよTさま邸の完成現場見学会です。今日は午後からスタッフは会場の準備へ。見学会前なので玄関のニッチだけご紹介いたします。夢とこだわりをたくさん詰め込んだ3階建てのフレンチデザインハウスの実物は、見学会でお確かめくださいね♪
25.2016年12月11日
見学会が終わりました
見学会が終わりました
高槻Tさま邸の見学会が終了しました。19坪の土地に建つ3階建てをご覧いただいた皆さまからは「(思っていたよりも)広い!」「可愛い!!」と好評のお声が。寒い2日間でしたが、ご遠方からもたくさんの方がご参加くださいました。ご来場の皆さま、ありがとうございました。
26.2016年12月20日
おめでとうございます!!
おめでとうございます!!
今からさかのぼること約二年半前。当時奥さまは双子のお子さまを妊娠中で、これからご夫婦・お子さまたちとお母さまの家族5人で暮らすマイホームの検討を始められていました。「どんな会社がいいんだろう」と検索中、私たちのHPに出会いナチュラルテイストのお家に一目ぼれをされた奥さま。まずは実際の家を見に行ってみよう!と完成見学会にお越しくださったのが最初の出会いでしたね。育児とご主人さまのお仕事が落ち着かれてから、家づくりを再開されたのは今年の春。住宅ローンや土地探しなど、不安をひとつずつ解消しながら、一歩一歩確実に初めてのマイホーム計画を進めてこられました。最初は戸惑っておられた土地探しは、実際にいくつかご覧になることで優先したい条件がはっきりし、「決める時は決めます!」(ご主人さま)のお言葉のとおり、ご家族みんなが実際に駅から歩いてみてこの土地を選ばれました。「妻の好む家にしたい」という奥さま思いの優しいご主人さまですが、唯一譲れなかったのはお風呂。「大きなお風呂にゆっくり入りたい!」それだけを夢見て完成を心待ちにし、待望のお風呂を見られらたお顔が喜びを物語っています。希望をめいっぱい叶えた理想のマイホーム。まずは大きなお風呂にゆっくりでしょうか?Tさま、おめでとうございます!!これからもよろしくお願いいたします。
27.2016年12月21日
カウンター付のオリジナルキッチン
カウンター付のオリジナルキッチン
キッチンカウンターから一段あげて、よく使う調味料や道具を置けるようにつくったタイルカウンターペンダントライトはお気に入りのショップで見つけた手づくりの照明器具を合わせました。