鈴木 悟 自己紹介へ

床塗装前の作業

2023/02/21(火) 現場のことすべて

早いもので2月も後半に入りました。2月は逃げるなんて言いますもんね。

今日は現在リフォーム行っている亀岡市の現場に行ってまいりました。明日から床フローリングの塗装が始まるので、床の養生材を撤去作業です。

現場に向かって走る車の中から京都大山崎の方を見ると、空に濃い灰色の雲が・・・京都縦貫道を大原野出口手前のトンネルを抜けると、『そこは雪国でした。』(笑)

車から降りると吐く息が白く、空気がキーンと冷えていて眠気もなくなり、気持ちが引き締まりました。寒いのが苦手ではないので、気持ちよいくらいでした。

現場に到着した時の写真がこちらです。

さて養生めくり作業の開始です。

まず最初に、壁際にたまった細かい木くず等を掃除機で吸い取っていきます。養生材をめくった時に床に木くずなどが付着させない為です。次にテープ類を剥がすのですが、これが中々時間のかかる作業で、しっかりと貼られたテープ類を剥がすのは大変です。剥がし終えたら、ベニヤ類をまとめてトラックに載せていきます。ベニヤ養生の下にも養生紙が敷かれてあり、それは塗装直前までめくらずにいます。塗装前のフローリングの上を直接歩いたりすると、色の変色がおきたりするからです。

養生材をめくる前   壁際を掃除機で吸い取っている処  養生紙

全ての養生材をめくり終え、次の現場に向かおうと外に出ると、まだ雪が降り続いていて、周りに雪が積もり始めていました。

現場を離れる時の写真

また、床塗装後の様子もご紹介させて頂きます!

 

1ページ (全99ページ中)