スタッフブログ

『一番好いお家』を造ろう

古日山 久明 自己紹介へ
2018/05/21(月) すべて日々のこと

先日、テレビでリフォームの様子を紹介する番組の再放送をたまたま見ました。

正直内容は、あまり覚えていませんが これまたたまたま いっしょに見ていた人が『なんでこんな風にしちゃったかねー?』とつぶやきました。横で苦笑いです。ちなみにこの人は、建設業では、ありません。(;^ω^)

新築も増改築も改装もそれぞれのお客様の依頼に答えてプランを創ります。もちろん予算や規模の大きさ(敷地やリフォームの場合は、既存のお家の形状)がありますから全ての要望が当てはまることが難しいこともあります。それに依頼する側もそれを受ける側も十人十色、千差万別です。依頼人が10人いれば10通り以上の好みや希望があり、これに対して提案者も10人いれば10通り以上あるということです。もちろん出来上がっているお家を買われる方も そこにその方の思われる何か決め手があって選ばれているわけです。よって自分の考えや好みと違っていれば『なんでこんな風にしちゃったのかねー?』といった言葉が出るのも理解できます。もちろん本人の前では、言わないと思いますが!(^^)!

 

 ⇒ 

こちらはK様邸のリフォーム写真。左がリフォーム前、右がリフォーム後です。

イメージはガラッと変わり、フレンチシックなお家に変身(^^♪

建売を購入されてまだきれいなお家でしたが、”置きたい家具、照明、お子さまのアレルギーの事などを考えると自然素材を取り入れて、インテリアのイメージもフレンチシックな家具が合うように変えたい”と思われた事がきっかけでリフォームされました。

モールディングを使い、装飾をプラスしてあげることでこんなにイメージが変わりました。雑誌の切り抜きやどんなイメージでも構いません。ご希望をどんどんお話し下さい!

ご相談頂いたお客様を心から喜ばせることが出来ればそれが『一番好いお家』ということだと思います。みなさん いっしょにみなさんの『一番好いお家』を造りませんか?

記事一覧

1ページ (全35ページ中)

ページトップへ