スタッフブログ

完成見学会のススメ

中山 真由美 自己紹介へ
2016/01/31(日) 家づくりのこと

2016年がスタートし、あっという間に1月が終了しました。
一言で言うと「早い……」です。

 Ideal Homeでは年間10回ぐらい、完成・構造の見学会、お住まい拝見見学会を行っています。
ほぼ月一ペースですので、そのたびにDMを担当する草川さんは、UP日に追われながら、
頭をフルに回転させてお施主さまの家づくりストーリーを振り返ってくれています。

私たちは家づくりをご計画されるお客様には「出来る限り完成見学会はご参加ください」とお伝えしています。
最近はスマホの普及で、自分たちの知りたいことがいくらでも情報を得られる時代になりました。
なので会社を調べることもネットで出来ますし、写真でたくさんの施工例や商品を見れる分、
情報だけが頭の中でいっぱいいっぱいになり、実際家づくりの段階が訪れると
何を優先したら良いのかが分からなくなってしまう。。というお声をよく耳にします。 

それぞれのお家に家づくりのストーリーがあり、それぞれのお家にこだわりがあり、
完成見学会はお住まいになられる方それぞれの価値観がお家の中にたっぷりと詰まっています。

「キッチンはI型がいいのか、L型がいいのか」
「ダイニングは対面キッチンの方がいいのか、実は並列の方がいいのか」
「LDKはやっぱり何畳必要なのか」
「和室は家族にとってはどのように使用するのか」
「ウォークインCLはやはりどのぐらいの大きさが必要で便利な収納方法は?」
「子供部屋のロフトは?」
「色合いやデザインのイメージは本当はどんな雰囲気が好きなのか??」

などなど、数えだすと本当にたくさんの検討項目があり、その答えが完成したお家それぞれに詰まっています。
それぞれのお家をご覧頂きますと、「私たちに合っているものと合っていないもの」の
答えがはっきりと見えます。そして「自分たち家族の好み」もはっきりと知ることが出来ます。

それを写真で見ていただけではなく、体感としての判断が出来ていると
土地のご縁が急に生じても、家を建て替える機会が急に訪れても、
判断がしやすいベースがあるのでとても役に立ちます。

とは言っても、実際の家づくりは迷うことがいっぱい!
でも、迷うことを大変だとは思わないでください!!
迷うという事は真剣に考えておられる証拠ですから、その一つ一つをひも解きながら
自分たちの望む家づくりを完成させるための過程です。
だからこそ、完成した時の感動が違う☆のです。 

4月に完成見学会を行う予定の八尾市のAさまは、電気配線打ち合わせまで終了し、
これから色打合せに入ろうという段階。
「今まで何度も見学会には参加して参考にしてきたけれど、
見学会は実際に家づくりがスタートしていても役に立つんですね。
今日は色合いのところと内装をしっかりと見て、勉強になりました」とお帰りになられました。 

成功するための家づくり。
どんどん活用をしてください!! 

記事一覧|2016年1月

ページトップへ